[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

知らぬ間に、おしっこを漏らしていることに気付いたのです。
気付いて慌ててスカートの裾を直しました。
個人撮影したら言うまでもなく性欲が湧きあがります。
実際に試してみないと、うまくマンスジが見れるか分かりません。
久しぶりに着てみたらサイズが小さくなっていたのです。
黄色いシミが付いていたなんて、情けなくなりました。
爽やかに笑うものだから、後の出来事なんて想像出来なかったのです。
まさか接写するとは誰も思わないでしょう。
ターゲットを決めると、スマートフォンアプリを立ち上げ録画を開始しました。
触れてるだけだと思い、我慢をしてそのまま続けたのです。
出しゃばったりしない控えめな性格でした。
何度か誘い、手応えを感じてました。
陰毛が出てしまうことを意識し過ぎて歩くことができました。
恥ずかしげもなく、耳元でそうささやいたのです。
目を離さないようにしながら後をつけたのです。
個人撮影したことで気分が高揚しました。
13歳への気持ちは本気です。
見たところ肉付きもあまり良くなかったのです。
良いものが取れたときのこの作業は楽しくて、満たされました。
着替えようと更衣室に向かう途中で呼び止められたのです。
無意識のうちに、体にしがみつくように腕を伸ばしていました。
タテスジが見えたことで性欲を感じたのです。
手を伸ばして、胸元の生地を掴んで引っ張りました。
スカートを僅かにまくり上げられ、太腿を大胆に露出したのです。
そんな14歳がいたらやっぱり、股間に目がいきます。
汗がにじみ出て言葉を発しようもないほど興奮してました。
腰のところが、まだ濡れていたせいで脱ぐのに手間取ったのです。
告白して振られたのは初めての事だったのです。
慌てて手で隠そうとしたら、退かされてしまったのです。
かつて知らなかった刺激を知ってしまったのです。
腰を振りながら、歩いていました。
下半身を丸見えにさせながら立ってました。
過去に好奇心で無料で見たことをまったく忘れていたのです。
また、15歳が好きになっていました。
明らかにグラマーだと分かる服装をしているのです。
ワレメが見えている間は大人しくしていました。
布が薄くて、透けてスジマンが見えました。
つまり、モロ見えにさせながら歩いていたのです。
白いシャツをゆっくりと脱がせ、床に落としたのです。
抜け出そうともがきましたが、全然抜け出せなかったのです。
Tバックが見れたことで天に昇るような気分になりました。
/(-_-)\